全てがゼロになる

全てがゼロになる

お勧めの本

お勧めの本のご紹介 長編小説です。 この本が名作であるということは知っていたものの、「青春」という言葉への照れ臭さからなんとなく敬遠していたのですが、大学受験が終わり、暇になったのを機会に読んでみました。読んでみて、まず感じたのは後悔でした。なぜ自分は東京の大学を受験しなかったのかと。   この物語の舞台は筑豊ですが、地元が福岡の私にとって、知っている地名や建物が作中に出てくるのは嬉しいものです。そんなこともあって、主人公の信介には強い親近感を持っていました。そして物語も終わりに近づき、彼が、自分の生きるべき道を見つけるために上京する場面を読んだとき、私の中ではっとするものがありました。俺はどうして地元に留まるのだろう、と。   この小説は50年代の話であり、私の歳からすれば、もはや歴史小説のような感じもします。現在の日本とは、政治、経済において大きく状況が違っています。そんな中、今なおこの小説が読み継がれているのは、「青春」というものはいつの時代も変わらないものであることを示しているのだと思います。作中の言葉を使えば、すべての人間は一生に一度だけ、青春の門をくぐりぬけるのです。   もっと早くにこの本を読んでいれば私の進む道は変わっていたのかもしれません。まだ読んだことが無いのなら、ぜひ高校時代に読んでみることをお勧めします。ちょっと取っ付きにくそう本に見えますが、内容は面白く、考えさせられるところもあり、とても良い本です。少々古臭いところもありますが、それも魅力の一つだと思います。 時間のあるときにでも読んでみてください。

うつ病 の本~ おすすめ~

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OHT86_bokusourolltoaozora-thumb-1000xauto-15942.jpg おすすめの本 ヘルヘッセ 車輪の下 町の牧師や校長、父親。大人達の寄せる一方的な期待に苦しみながら、それに懸命に応えようと勉学にいそしむ少年、ハンス・ギィベンラァト。大好きな魚釣りも、水浴も、ウサギ小屋も、友人との遊びも禁じられ、孤独のうちで、知的な充実感と野心の満足だけを支えにひたすらラテン語とギリシア語と数学と宗教の勉強に励む毎日。ついに州試験に合格し、町中の賛美と羨望を一身に浴びて神学校に入学したハンス。そこでの一人の友人との出会い。 幼少期の大切な時期を、文字通り大人達のエゴという「車輪の下」に踏みにじられ、それのもたらす深刻な影響から、なやみ、苦しむハンス。精神の平衡を乱した彼は・・・。ドイツの美しい自然描写を背景に、主人公の繊細なたましいが傷つけられていく様が、淡々と描かれている。 著者自身の、少年時代から青年期にかけての実際の経験を題材にしているだけに、ハンスの考えや行動、変化がとても自然に描かれていて、その帰結的な哀しみは何ともやりきれない。知とか教養みたいなものを、ある意味で絶対的なもの、賛美すべきものと考えがちな最近の自分に強烈な警鐘を鳴らしてくれた。知識や教養、それ自体には価値はない。それを特定の文脈の中に位置付けて、いかに活かすかが重要なのであって、それが立身出世の手段としての色合いを強くしたとき、それは悲しい結果を人々に、特にいたいけな少年の魂にもたらす。 ハンスの不幸に手を貸したことに、全く無自覚な牧師や校長や父親。 そして、彼らと読者である自分がなんら変わらないと感じた時、ずいぶんショックだった。 「人間の価値を決定するもの」そんな曖昧な定規を必死で探し出そうとしながら、結局自分は、浅薄で悪徳な大人への道をまっしぐらに歩いているような気がしてならない気がする。そして、そんなことを考えさせてくれたこの小説は、とてもありがたいと思った。

うつの原因

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEPsts-thumb-1000xauto-16093.jpg うつの原因 うつ病の原因として考えられるのは多くの原因が考えられる。大きく分けるて二つあります。 環境的要因と身体的要因です。  まず環境的要因として、家族や親しい人の死亡・仕事や財産の喪失・人間関係のトラブル・ 家庭内不和・就職や退職、転勤、結婚、離婚。妊娠、育児、引越しなど環境の変化等が考えられる。 身体的要因として、慢性的な疲労、脳血管障害、感染症、癌、甲状腺機能の異常、月経前や出産後、更年期などホルモンバランスの変化。降圧剤、経口避妊薬などの服用等が「原因」として考えられる。 上記の原因がさまざまに重なり合い発症すると考えられる。 また脳内レベルから見た原因として「モノミアミン仮説」です。 モノアミンとはセロトニンノルアドレナリンドーパミンなどの気分に関係する神経伝達物質の事で、何らかの理由によりこれらが欠乏するとうつ病になるのだ、という仮説です。 現在発売されていて抗打つ剤はこの仮説に基づいて作られている。そして、実際に効果を出している。しかし、この仮説だけですべての症状が説明できるわけではない。 そこで「モノアミン受容体仮説」などその他仮説が多くある。

大人の発達障害まとめ

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-OHT86_bokusourolltoaozora-thumb-1000xauto-15942.jpg 大人の発達障害という言葉巷で聞かれるようになって随分と時間が過ぎようとしている。 そこで今回はそのまとめとしてリンクを張っていきます。 知能が高いのに仕事ができない。なぜか??その答えがここにはあるようです。 ダイヤモンド社の記事「成績優秀なのに仕事ができない“大人の発達障害”に向く仕事、向かない仕事」 http://diamond.jp/articles/-/6222 ・大人のADHDの診断リンク http://adhd.co.jp/otona/selfcheck/ADHD診断 http://adhd.nerim.info/check-2013021501.htmlADHD診断テスト 姫路 心療内科|前田クリニック http://www.dr-maedaclinic.jp/check/qq002.html AD/HDナビ http://www.adhd-navi.net/adhd/check/index.html 大人のADHDの診断基準 http://apital.asahi.com/article/nayamu/2015031700018.html よくよ悩んでいるあなたにおくる幸せのストーリー 重~い気分を軽くする認知行動療法の34のテクニック コーナーの筆者の著書です。

くよくよ悩んでいるあなたにおくる幸せのストーリー 重~い気分を軽くする認知行動療法の34のテクニック/中島美鈴【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:1,836円
(2015/9/24 19:05時点)
感想(0件)

辞めたほうがいい7つのこと

辞めたほうがいい7つのこと

・他人の評価を気にすること

他人が何と言おうと、あなたの人生、決断、選択だ。他人は評価するのが好きだ。だからと言って、あなたが気にする必要はない。
・過去の過ちにとらわれること

人は誰しも失敗を犯すもの。自分自身を責めずに、自分に新たなチャンスを与えること。

・失敗を恐れること

もし失敗の定義が完璧ではないことなら、あなたは生涯惨めだろう。失敗は諦めることだと思った方がいい。諦めなければ、失敗にならないのだ。
手にしていないものを考えること

人は時に手にしているものよりも、手にしていないものについて考えてしまう。人生で手にしたものをリストに書き出そう。手にしているもので十分である。
・「もしも」に怯えること

将来起こりえることを心配し過ぎて、めいってはいけない。誰も将来を予見することはできないのだから、現在やれることをこなすべきだ。
・「〜なら幸せなのに」と考えること

「幸せになれる出来事」を待っていては、現在の幸せな瞬間を逃してしまう。この瞬間を楽しもう。幸せは訪れるものではなく、自分の考え方次第なのだ。
後悔すること

後悔はしてしまうものだ。しかしそこから何かを学び、いい結果を生みだせばいい。
・拒否を恐れること

拒絶を恐れて、誰かと親密になることを恐れる人は多い。気持ちを伝え、結果を受け止めるべきだ。勇敢になり人生を冒険しよう。
・成功のイメージに振り回されること

自分自身を好きになり受け止めれば、社会や周囲からの評価は関係ない。美しく、痩せていて、お金を持っていて、権力もある……。こんなメディアが垂れ流す“完璧”のイメージは気にしてはいけない。
・十分さを求めること

「十分ではない」と思い込むことは不健康だ。現在の自分自身や居場所、経験に幸せを感じればいい。

精神疾患うつでのリワーク(復職)について

休職をすればいずれは「復職(リワーク)」を考えのは当たり前。

復職支援=リワーク支援は障害者職業センター精神保健福祉センター、などの機関に相談窓口
があるようです。
みんなのメンタルヘルス⇒ http://www.mhlw.go.jp/kokoro/support/3_04_03rework.html
というサイトで詳細に説明をされています。


<blockquote style="border:1px dotted #999; background:#eee;padding:10px;margin:10px;display:block;">職場復帰支援(リワーク支援)

精神疾患で休職していてなかなか復帰が難しい方を支援します~
【主な対象者】
うつ病などで休職期間が長期化している方、休職と復職を繰り返している方
【支援の内容】
うつ病などをわずらっていても、対処方法を身につけながら、無理なく復職できるよう、
(1)生活リズムの立て直し
(2)コミュニケーションスキルの習得
(3)職場ストレスへの対処法の獲得を目的とするプログラム
を提供し、復職に向けてのウォーミングアップ(「リワーク支援」と言われています。)を行います。
【相談窓口】
都道府県の障害者職業センター(東京障害者職業センターなど都道府県名がついています)で実施しており、内容の詳しい説明、どのような手続きをするかなどの相談に乗ってくれます。
  このほか、精神保健福祉センター、民間の精神科病院や診療所でも「デイ・ケア」として職場復帰支援を行っている場合があります。
</blockquote>

NAVERまとめサイトにも復職支援の情報が載っていましたので貼り付けておきます。 http://matome.naver.jp/odai/2132117321879433801

リワーク施設の種類
独立行政法人福祉保健局が行う行政系
・病院・クリニックが行う医療系
・企業、NPO法人が行う民間系

<blockquote style="border:1px dotted #999; background:#eee;padding:10px;margin:10px;display:block;">行政系の復職支援機関
【リンク】
・東京都内(東京障害者職場センター)※2014/7/8 リンク更新
https://www.jeed.or.jp/location/chiiki/tokyo/13_tokyo_return01.html

・全国(地域障害者職業センター所在地一覧を参照)
http://www.jeed.or.jp/jeed/location/loc01.html

 

民間系としては
リンク】
・東京(オムソーリ[リヴァ運営] うつ病の再発予防サービス)
http://omsorg.jp/

・東京(MDA 職場復帰支援プログラム)
http://www.mdajapan.net

・東京(リエンゲージメント うつ病などの精神障害者の再就職支援)
http://reengagement.org/program/index.html

・東京(リファイン うつ病の方の回復・改善、再就職支援)
http://www.refine-work.jp/program/

・名古屋(ビューズ うつ病の再発予防・再就職支援)
http://views.vpcoms.co.jp/kojin.html

・大阪(シャールジュ うつ病からの復職・再就職支援)
http://www.rcharge.jp/index.php

・沖縄(株式会社BowL)
http://www.bowl.co.jp/

・東京(ハビトゥス[リヴァ運営] うつ病の再就職支援サービス)
http://habitus.life/ style="border:1px dotted #999; background:#eee;padding:10px;margin:10px;display:block;">医療系
【メリット】
・専門医が在中
・利用期間は2ヶ月~数ヶ月と融通が利く
・歴史、実績がある(05年に開設され、10年1月末時点で約470名の方が復職)

【デメリット】
・有料(自立支援医療利用で1日420円~1160円程度 ※前年所得により変動)
・主治医の変更が必要
・失業中の方は利用不可の事が多い

※上記はメディカルケア虎ノ門のサイト内容を元に要約しており、全ての医療系が当てはまるわけではありません。詳細は個別でお問合せください。
・全国(うつリワーク研究会 正会員一覧)
北海道・東北・北陸、甲信越、北関東地区 | 関東地区(東京都) | 関東地区(千葉・埼玉・神奈川) | 東海・近畿地区 | 中国、四国、九州地区 |
http://www.utsu-rework.org/list/members/index1.html

うつ病診断・チェックシートの紹介

鬱病うつ病)とは、

憂うつな気分がいつまでも続く
気分が沈み込む
何をしても楽しめない
やる気が起こらない
何をするのも億劫になる
食欲がない

などの「抑うつ状態」が続くだけでなく、頭痛やめまい、便秘や疲労感など、様々な身体的な自覚症状を伴うこともある症状のことです。
また、劣等感、無価値感が強くなって自信をなくしてしまい、自己嫌悪や自己否定が強くなり、抑うつ状態が続くことによって仕事や学校などの生活に支障が生じ、精神的に追い詰められることがあります。

これがうつ病の代表的な症状です。

http://atmentalhealth.jp/utsu/ ←うつ病診断でこのサイトで何となく紹介してます。

それだけでなくそのほかの精神疾患に関する掲示板的役割としても面白いコンテンツが豊富にあり
参考になると思います。

うつ症状チェックシート
http://utsu.ne.jp/self_check/ 検査結果を医師に伝えれば間違いなく正確な診断が下されるでしょう。

うつ病チェックシート 
http://u-drill.jp/check.php

メンタルナビ
http://www.mental-navi.net/utsu/check/index.html

私も試してみましたがうつ病の可能性ありでした・・・
うつ病ですが・・・(笑)

参考に試してみてはいかがですか??診察に行くとなんだかいつも以上に無口になってしまって
コミュニケーションが、事実のみを伝えることができなく苦労します。