全てがゼロになる

全てがゼロになる

「もっと自由に働きたい」 家入一真

この本を紹介する前に家入一真氏の略歴を紹介します。 家入氏のホームページはこちら→ http://ieiri.net/ 考え方や価値観はいろいろあってひとそれぞれでいいんだと思える一冊です。
やり方次第で自立して自由に働くことができる。
目標があってそこにどういう経路でたどり着くのか、その方法を考え、工夫することに人生の意義があるのかもしれないと思える、また、うつになって会社が人生の全てだって言うところがどこかにあってしがみついてでも働かないと 、ほとんど習性のように朝早く起きて、会社に出社して夜遅くまで働いて・・・・いざうつになりましたと上司に報告したら「やめてくれないか」とはっきり言われて「???」なんだかおかしくない?と思える事が多くある。 会社は自分を守ってはくれないし、裏切るものなんだということをよく教えてくれました。 会社は組織でしかない。裏切る裏切らないも人ではないので組織の論理で物事は進んでいく。  自分の人生を自由に生きるための準備期間だと思って今私は生きている気がします。 そういう元気をくれる本だと思います。 「もっと自由に働きたい とことん自分に正直にいきろ。」

もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。/KAZUMAIEIRI【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:1,296円
(2015/9/12 07:08時点)
感想(0件)

福岡県立玄界高等学校を高校1年時にいじめを原因に中退し3年間ひきこもりとなり、大学入学資格検定に合格し地元の美術大学にも合格するものの通わなかった[1]。 芸大美大受験の予備校である美術研究所画塾卒業。 デザイン会社に入社。 在職中にウェブサイトのデザインに興味を持ち、ウェブデザインの技術的知識を身に付けようとコンピュータのシステム会社に転職し技術を習得する。 その後、株式会社paperboy&co.を創業、29歳の時にジャスダック市場へ最年少で上場した。 現在は、株式会社paperboy&co.を退任し、シリアルアントレプレナー(連続起業家)として、クラウドファンディングサイトを運営している「株式会社ハイパーインターネッツ」取締役。スマートEC運営「BASE株式会社」共同創業取締役。カフェプロデュース・運営「partycompany Inc.」代表取締役。スタートアップベンチャー投資「partyfactory Inc.」代表取締役、モノづくり集団「Liverty」代表など、さまざまな業種のベンチャー企業に参画している。 また、「起業」「モノづくり」「新しい働き方」「これからの生き方」「引きこもり」などをテーマとした講演を多数おこなっている。 「現代の若者たちの駆け込み寺」(シェアハウス)として「リバ邸」を全国に作るなど、リアルやネットを問わず、カフェやウェブサービスなど人の集まる場を創っている。 都知事選出馬後、政治団体「インターネッ党」を立ち上げ、政治活動を始めた。

もっと自由に働きたい とことん自分に正直に生きろ。【電子書籍】[ 家入一真 ]

価格:960円
(2015/9/12 07:09時点)
感想(0件)