全てがゼロになる

全てがゼロになる

おすすめの本

 マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス)

病院の控室に置かれていてパラパラ読んでいてなかなかおもしろかったのでお勧めします。

病院で全巻そろっているところがこの作品を医師が評価しているのだろうと思います。

この御時世、精神面で病んでしまって苦しみ悩み、どうしたらいいのかわからない人が沢山いる。

とりわけ心療内科・精神科なんて分野はどの科よりもブラックBOX化していて、常人なら大抵「普通じゃない人が行く場所」だとでも思っているだろう。

事実、私は母にそう言われてとてもショックだった。

これはあくまでギャグ漫画なので、本気で悩んでいる方が救われようとし、すがる思いで読むにはお勧めしない。

多分、逆に落ち込む。

この本は“実際に悩んでいる人”向けというよりもむしろそういった“知識のない人”に、ひとりでも多くの方に是非見て頂きたい。知って頂きたい。

決して他人事ではないのだと。人としての隔たりなどさしてないのだと。

精神疾患、ひいては心療内科への世間における偏見が少しでも無くなる為に、この漫画が多大なる成果を発揮し得ると私は信じています。

そして少しでも、そういった人々に優しい社会になりますように。